クリニックの看護師になるデメリット

クリニック看護師転職TOP >> クリニックの看護師の基礎 >> クリニックの看護師になるデメリット

クリニックの看護師になるデメリット

クリニックの看護師として働く際のデメリットとしてあげられるのは、まず看護師の数が少ないことです。働く人が少ないほうがやりやすいという人もいますが、それはその職場での人間関係に大きな問題が起こらない場合に限定されます。

大きな病院であれば、人間関係の不和があっても配置換えなどで対応可能です。しかし少人数で働くクリニックの場合は、そのような対象方法が使えません。それでも仕事のために毎日顔を合わせることになるのですから、どんどん人間関係が悪化してしまうこともあるのです。

人数が少ないことは、もう1つのデメリットがあります。そのクリニックの業務を回すためには、最低限確保しなければならない人数があります。少人数で働いている場合、休みなどに合わせてその枠を補填することが難しいのです。そのため普段はともかく、連休や急な休みを取れないこともあります。突発的な休みが生じたら、他の人の迷惑にもなりやすいので、体調管理には一層気を付ける必要があります。

看護師として働くなら、その仕事は看護師としてのもののみ。それが一番かもしれませんが、クリニックの場合はそう上手くいかない場合が多くあります。働いている人の数が少ないため、雑用や掃除なども看護師が行わなければならないことが多いのです。看護師としての業務は大変ですが、そこからさらに他の業務も担当することになるので、これが大きな負担に感じられる人もいます。

最後に、これはすべてのクリニックに当てはまることではありませんが、大きな病院などと比較して医療に関するレベルの低さやモラルが低いと感じることもあります。先にも書いたように、すべてのクリニックがそうとは限りませんが、院長の方針次第では病院だと考えられないようなことが行われていることもあるのです。そのことを指摘しても「これがうちのやり方だから」と言われて終わるだけです。酷い場合は、そこで目を付けられて疎まれるようになってしまうこともあるのです。

クリニックによっては、これまで病院で働いてきた看護師の指摘を取り入れて、前向きに改善していこうとするところもあります。そのため最後のデメリット部分は、自分が就職するクリニックがどんな方針で業務を行っているのかで変わってきます。

ここで紹介をしてきたデメリットは、あくまでも代表的なものです。そしてこれらは、実際に現場を見てみなければ分からないものもあります。そのため、気になるクリニックがあるなら、一度利用してみるのも確認方法としては効果的です。

クリニック看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 クリニック看護師求人ガイド All Rights Reserved.