クリニックの看護師のブランク

クリニック看護師転職TOP >> クリニックの看護師の基礎 >> クリニックの看護師のブランク

クリニックの看護師のブランク

クリニックで働く看護師の仕事は、出産や育児などで数年間のブランクを経たのちに復職先として希望する人が多い人気の仕事となっています。その理由は、クリニックは夜勤がないため、毎日規則正しい勤務時間で働けるからです。時間的な面では育児や家庭と仕事を両立しやすいので、ブランク明けの人だけでなく、転職希望の看護師からも人気が高い仕事となっています。

クリニックで働く看護師の仕事は、外来の患者さんをメインに取り扱うため、高い専門知識や看護スキルが要求されることは少ないものです。クリニックでは対応できない疾患の場合には、紹介状を書いて大きな病院へ患者さんを回しますし、クリニックではいろいろな検査ができるわけでもないため、看護師は医師の指示に従って簡単な看護ケアを提供するのが仕事となります。そのため、スキルや知識という面では、数年間のブランクがあっても、それほど大きな支障になることはありませんし、実務の中でブランク期間に失われていた勘や自信を取り戻すことができる仕事と言えるでしょう。

ただし、ブランク期間がある看護師にとっては、ハードな面もあります。それは、クリニックは曜日や時間帯によってはかなり多忙を極める環境となり、その中でテキパキと複数の職務を同時にこなすマルチタスク能力が必要となる点です。クリニックでは、少ない数のスタッフが切り盛りしていますし、看護師の数も決して余裕があるわけではありません。患者さんが医師の診察を受ける前に問診やバイタルなどを行うだけでなく、医師の指示に基づいて適切な治療を行うことも看護師の職務となるため、あれもこれもと多忙になる環境でも頑張れるテキパキした働き方ができる人ならクリニックでの仕事はピッタリではないでしょうか。

ブランク期間があるといっても、何年ぐらいのブランクなのかによって、応募して不利になるかどうかは異なります。2〜3年程度のブランクなら、それほど不利になることなく、ブランク期間前の経験や専門分野によって採用されることが多いでしょう。しかし、ブランク期間が10年以上になってしまうと、それほど高い看護技術が必要ないクリニックでも採用には慎重になることが多くなります。高待遇や好条件の仕事だと、競争率が高くてなかなか採用につながりにくいので、妥協できる面は妥協してまずは採用してくれる所を探すのが得策ですね。そして、経験を積んでから高待遇の仕事へ転職するのがおススメです。

クリニック看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 クリニック看護師求人ガイド All Rights Reserved.